オートファジーダイエットとは?やり方や意識すべきポイントなどの基本情報をご紹介!

オートファジーダイエットをして減量をしたいと考えている人は、具体的なやり方や意識した方が良いポイントなどを知っておいた方が最適です。基本情報もあわせて勉強しておけば、さらに深く理解できます。オートファジーダイエットとは、1日の中で食事をする時間を制限する方法のことです。24時間のうち16時間食事をしないようにすることで、体重を減らすことが可能です。この方法をする時に意識した方が良いことは、残りの8時間で食べ過ぎないようにすることです。

オートファジーダイエットとは食事を16時間制限するダイエット方法

ダイエットに興味があるけどやり方がわからない、色々な痩せ方を試してみたけど効果がなかった。このような悩みを抱える方はいませんか。様々な方法があって初心者だと自分の身体に合ったやり方を見つけるのも大変ですよね。この記事では、16時間食事制限をするオートファジーダイエットについて解説します。 オートファジーとは、ギリシャ語でオートは『自分自身』、ファジーは『食べること』を意味します。やり方は簡単で1日24時間の内16時間断食するだけです。残りの8時間の間は好きなものを食べることが出来ます。イメージとしては午前10時〜18時までは食事しても良い時間として、18時〜翌日の午前10時までは断食する形です。一般的なやり方だと食事内容の制限は多い印象ですが、1日8時間の間は我慢せずに好きなものを食べることができるのは嬉しいですよね。オートファジーは断食することで、腸内を休ませることによって体内の有害物質を排出して、身体の細胞や組織が活性化することで痩せると言われています。また痩せるだけではなく、免疫機能の向上や血流の改善、肌が綺麗になるなどの美容や健康面で嬉しい効果があります。これまで色々な方法を試して効果がなかった方は、一度オートファジーを試してみてはいかがでしょうか。

オートファジーダイエットのメリット|腸内環境の改善が期待できる

オートファジーダイエットとは、16時間食事を制限して断食することをいいます。オートファジーのメリットは様々ありますが、その一つが腸内環境を改善できるという点が挙げられます。 通常は1日3食の食事が基本ですが、オートファジーダイエット中は1日1食になります。3食だと胃腸に食べ物が残留したまま、次の食事が入ってくる状態です。つまり、常に胃腸が働いている状態で負担になってしまいます。 断食をすることで空腹時間を確保することができるようになり、胃腸を休ませることができます。消化機能の回復のほか、腸内の環境も整えられます。 腸内環境が整えば、不具合のあった臓器機能の改善、便秘・むくみの解消などが期待することができます。痩せるためのものではなく、体調を整えることを目的にしている断食とも言えます。 腸内を整えることを目的にしているという時には、1週間に1回実行するだけでも環境は十分に整えられ、デトックス効果が得ることが可能です。

オートファジーダイエットのメリット|アンチエイジング効果も得られる

世界的にも注目度が高まってきているオートファジーダイエットですが、腸内環境が整う・免疫力がアップするといった代表的なメリットに加え、アンチエイジングや美容効果を得られるといったメリットも生まれてきます。オートファジーダイエットには、脂肪をエネルギーに変換した後に人体の古くなった細胞を内側から新しく生まれ変わらせる作用もあり、この作用によって細胞がどんどん生まれ変わっていくので、肌ツヤが良くなってアンチエイジングの効果を得ることが可能になります。体内の細胞が活性化され、蘇っていくおかげで免疫力がアップしていき、それが血管にも良好な効果をもたらしてくれます。さらには胃腸に血液が集中しないことから血流や血行が改善され、全身の血液がスムーズに促進されることで、自律神経などにも良い影響を与えてくれます。自律神経が整えば、余計なストレスに対する抵抗力も高まりますし、ストレスが和らげば身体にも良い効果が発揮されていきます。

オートファジーダイエットのメリット|無理なくダイエットに取り組める

若い時とは違い運動をしたり食事制限をしても、痩せづらくなったと悩みを持つ人は多くいます。体重を落とす基本は無理なく楽しみながら取り組むことが大切で、習慣として継続出来る方法を選ぶことが重要です。今本気で痩せたい人達から熱い注目を集めているのが、オートファジーダイエットです。オートファジーダイエットは16時間食事を制限することで腸内環境を整えて、腸を休ませることで本来体が必要としているビタミンやミネラル類を吸収しやすくして便秘やむくみの解消を行い自然に体重を落とすことが出来る方法です。最大のメリットは、無理なく継続して取り組むことが出来る点です。どうしても目標している体重に中々到達しないと、焦りやイライラが続き挫折してしまうことも多くあります。しかし基本的に胃腸を休ませることを第一目的として行うことで、美しくなりながら体重を落とすことに集中して取り組むことが出来ます。今まで何をやっても成果が出ず途中で挫折したという人も、まずは継続してある程度の期間チャレンジしてみてはいかがですか。

オートファジーダイエットの断食中に我慢できなくなったら

オートファジーとは、24時間の中で16時間ほど断食を行うダイエットです。
食事を摂らない時間を作ることで胃腸を休め、血液も栄養を届ける必要がなくなるので老廃物を回収する余裕が生まれます。
ほかにも便秘解消や、集中力・記憶力の向上などが期待できるのが特徴です。
長くない軽い断食と言えど、空腹で我慢できなくなることもあります。
オートファジーダイエットでは、断食の時間も少量であれば食べ物を口にすることが可能です。
基本的に糖質が少ない果物やナッツ類なら、我慢を抑える程度の量を食べても問題ありません。
また、水分摂取は自由にできるので、水を飲んで空腹を抑えることもできます。
胃腸に負担をかけない飲み物ならば、水以外にもカフェインや砂糖の入っていないコーヒーや、野菜のスムージーなどを飲むことが可能です。
ノンシュガーのガムを嚙むのもおすすめで、ミント味ならば口の中をスッキリさせてくれて空腹を和らげる効果が期待できます。

オートファジーダイエットの断食中に摂取しても良い飲み物

オートファジーダイエット中に摂取してもいい飲み物は水はもちろん、カフェインの入っていない無糖コーヒーも飲むことができます。
オートファジーは身体の中から健康になるために普段摂取しているものを制限することで肌の調子が良くなったり、体重の減少にもつながります。
自分で作った野菜ジュースも効果的です。
オートファジーダイエットにもいろいろな種類がありますが、全てに共通している点は断食中に身体をリセットし、日々使われている胃腸を休ませてあげて健康に保ち、免疫力のアップにもつながります。
痩せやすい身体作りができて健康にもいい、一石二鳥です。
初めは空腹時、大変かもしれませんが、開始1週間を頑張れば習慣付けができてその後はスムーズに進みます。
ホルモンバランスの関係で暴飲暴食をしたい時もあるかもしれませんが、そんな時は白湯を飲むことが効果的です。
温かい飲み物は胃を落ち着かせ、暴飲暴食に走りそうになることをとめてくれます。

オートファジーダイエットに向いている人・向かない人

オートファジーダイエットは、向いている人と向いていない人がいるといいます。
過去に食事制限に挑戦して失敗した、食生活が乱れていて栄養摂取に偏りがある人などはあまり向いていないようです。
糖尿病を患っていたりその疑いがある人、妊娠したい女性と妊娠中の女性は向いていないと言えるでしょう。
健康な場合でもオートファジーダイエットは、ストレスが溜まってしまう人もいるので「食べることが好き」という場合は、この方法はあまりおすすめ出来ません。
オートファジーに向いているのは、健康で疾患などを持っていない状態です。
また食事制限などの経験があって、成功して痩せている状態なら「内臓を休ませる期間」として取り入れるのも良いです。
内臓のリセット期間と考えてやってみると、痩せることよりも健康維持に役立てると考えれば続けやすいでしょう。
オートファジーは健康と美容、痩せたいなどさまざまな人の役に立つことが出来ます。
ただし、正しい方法で行わなければいけません。

オートファジーダイエットでは筋トレも適度に行うのがおすすめ

オートファジーはダイエット効果だけでなく、腸内環境の改善やアンチエイジング、免疫力の向上など様々なメリットがあります。
一方で、16時間の断食を行うことで自然とエネルギーの摂取回数と摂取量が減少するため、筋肉量が落ちてしまうというデメリットがあります。
これは、エネルギーが不足した体内では脂肪だけでなく筋肉も分解して不足分を補おうとするためです。
筋肉量が低下すると基礎代謝が下がって痩せにくい体となってしまうため、オートファジーダイエットではタンパク質を意識的に摂取するとともに、筋トレも並行して行うことをおすすめします。
筋トレと言っても大きな負荷をかける必要はなく、スクワット・腕立て伏せ・腹筋など手軽に行えるものでも十分に効果が期待できます。
また、トレーニングだけでなく十分な睡眠も心がけましょう。
睡眠中は筋肉の回復や発達に不可欠な成長ホルモンの分泌量が多くなるので、筋肉量の減少を防ぐには睡眠時間を十分に確保することも重要です。

オートファジーダイエットでも暴飲暴食には注意!

オートファジーダイエットでは、16時間の断食中以外は基本的に何を食べても問題ないとされていますが、暴飲暴食は禁物です。
オートファジーダイエットは空腹の時間が長く、その反動で食べ過ぎてしまう傾向があるので、1日の摂取カロリーには注意を払う必要があります。
1日の摂取すべきカロリーは性別・年齢・生活習慣などによって変わりますが、成人男性なら2000~2500kcal、成人女性なら1800~2000kcalが目安となります。
また、早食いは満腹感が得られる前に食べ過ぎてしまうので、ゆっくり食べることも意識しましょう。
ゆっくり食べると満腹感を得られやすくなり、食欲をコントロールできるとともに、血糖値の上昇も抑制できるので痩せやすい体を作ることが可能です。
さらに、過度な飲酒にも注意を払いましょう。
アルコールは内臓脂肪の蓄積を促すホルモンを分泌させる上に、他の栄養素の代謝を阻害してしまうので飲酒は適量に留めることが大切です。

単なる食べないダイエットにしないのがオートファジーダイエット成功のコツ

オートファジーを利用したダイエットを成功させるコツは、「食べないことで痩せる」にしないことです。
食べなければ痩せるんだから断食をずっと続ける、というのはただ身体を壊すための痩せ方です。
健康的に、内臓や身体的にも元気になれるのがオートファジーを利用した方法だと覚えておきましょう。
ダイエットは体重を落とすこと、というイメージを持っている人が多いですが、実は「健康になること」が目的です。
なので、「単なる食べない時間を増やすこと」がオートファジーの使い方ではありません。
健康になるために体重を落とし、見た目にもより元気になることが出来る方法、それは「身体のメンテナンス」と言っても良いでしょう。
だからこそ、ただ食べずに一日を過ごすようなことは避けるべきです。
オートファジーを利用して痩せたいのなら、健康を維持しつつ美容にも内蔵にも良い方法で続けなければいけません。
また、食べずに体重を落とすのは筋肉を同時に落としてしまい、身体がたるんでしまいます。
そうならないためにも、16時間の空腹以外はきちんとバランスを考えた食事をとるべきです。

オートファジーダイエットではこまめな水分補給を意識しよう

オートファジーダイエットを実践する際は、16時間の断食中に意識的に水分を補給することが大切です。
水分は飲み物だけではなく食べ物にも含まれるため、断食中は自然と水分摂取量が減少します。
そのため、オートファジーダイエット中は水分が不足しがちになることを念頭に置いて、普段より積極的に水分補給をしていくことが大切です。
少なくとも1日に1リットル以上、可能であれば2リットルほどの水や白湯を飲むことを心がけましょう。
また、炭酸飲料は空腹感を紛らわせることができるので、ノンシュガーの炭酸水もおすすめです。
コーヒーも食欲を抑制する効果があるとともに、体内の老廃物を排出する利尿作用があるので、コーヒーもオートファジー中に適した飲み物と言えます。
ただし、利尿作用によって脱水状態が加速する恐れがあるので、飲み過ぎには注意が必要です。
水やコーヒーとともにおすすめなのが、消化や代謝の促進やデトックス効果が期待できる酵素ドリンクです。
酵素ドリンクはカロリーが高めなので、こちらも飲み過ぎには注意を払う必要がありますが、食膳に飲むと効果的だと言われています。

オートファジーダイエットの効果はどれくらいの期間で現れる?

オートファジーダイエットの効果を実感できるまでの期間は人それぞれで異なりますが、基本的には空腹後16時間前後で体内に効果が出てきます。
中には10日間というスピードでウエストが絞れたという人もいる一方で、半年間継続しても体重やボディサイズに変化が起こらなかったという例もあります。
また、老若男女で効果の差があることはもちろん体格・体質による違いもあるので、何日程度続ければ効果を得られるかというのは断言することが難しいといえます。
オートファジーダイエットで効果を得るための近道は継続であり、オートファジーを適切な方法で地道に継続していくことができれば、体調が良い方向に変わっていく可能性は高くなってきます。
オートファジーは、基本的に毎日続けるのが理想的ですが、それぞれの都合やライフスタイルなどでなかなか時間が合わせられないという方も少なくないので、そういう人は週に1回ペースでも適切な方法で行えば問題なく効果を実感することができます。

オートファジーダイエット中の空腹を紛らわせるコツ

オートファジーダイエットを実践している方の中には、断食中の16時間に空腹感を感じる方も少なくはないと思います。
断食と食事ができる時間とのメリハリをしっかりしないといけないオートファジーにとって、空腹感を乗り越えることは成功させるための一つのポイントです。
空腹を紛らわせるコツについていくつか紹介していきます。
まず一つ目はコーヒーです。
コーヒーにはカリウムやクロロゲン酸など老廃物の排出を促進する成分に加え、カフェインによって交感神経が刺激されることで食欲が抑えられます。
ただし砂糖や牛乳を混ぜてしまうと余分なカロリーを摂取してしまうためブラックコーヒーがおすすめです。
次にコーヒーが苦手な方は炭酸水がおすすめです。
炭酸水を飲むことで、炭酸水に含まれる二酸化炭素で胃が膨らむため満腹感を得ることが出来ます。
同じ炭酸飲料でも砂糖の入った清涼飲料水はカロリーが含まれるため控えましょう。
また近年よく見るゼロカロリー飲料などは人工甘味料が含まれており、食欲増進に繋がりオートファジーの妨げになります。
オートファジーダイエットを成功させるために、空腹を紛らわせるコツを健康的に上手く取り入れていきましょう。

オートファジーダイエットは体調優先で取り組むのが大切

厳しい食事制限や激しい運動は継続することが出来ず、挫折してしまったという人は多くいます。
無理しすぎず体重を落としたいと考えるなら、オートファジーダイエットに取り組んでみてはいかがですか。
オートファジーダイエットは16時間食事を制限して半断食状態にすることで、細胞内に溜まった有害物質を体外に排出して自然に体重を落とすやり方です。
胃腸を休ませることは便秘やむくみの解消に繋がり、免疫力向上にも役立ちます。
効果が高い方法ではありますが注意するのはどんな方法であれ、体調優先で取り組むことが大切です。
痩せることを意識するあまり体調に異変を感じてもそのまま続行をして、最終的に体調を崩してしまうケースは多くあります。
リバウンドせずに痩せる為には習慣にして、自分自身がコントロール出来る状態にしておく必要があります。
体調に異変を感じたら、すぐに中止することが大切です。
美しく痩せたいと考えるなら食事量をコントロールするやり方で起こることをよく考えてから、チャレンジしてみることをおすすめします。

オートファジー ダイエットに関する情報サイト
オートファジーダイエットの基本情報

このサイトでは、オートファジーダイエットに関する幅広い情報をまとめてご紹介しています。実践するための方法についてもこのサイトではご紹介していて、意識すべきポイントなどの基本情報もあわせてご紹介しています。基本的なやり方もこのサイトではご紹介しているので、興味のある方は、読んでいただければやり方が基本的なことからわかります。食事をする時に意識をした方が良いことについてもこのサイトではご紹介をしています。

Search